コーディネーター認定制度

1. 日本移植コーディネーター協議会教育・認定制度(JATCO 認定制度)

iStock_000015085284XXXLarge.jpg
 平成9年10月16日に「臓器移植に関する法律」が施行され、わが国でも臓器移植が本格的に実施される時代 となった。
 法施行に伴い、移植コーディネーターの重要性が認識されて、知識や資質の向上が社会的に要求されている。
  しかし、移植コーディネーターの生涯教 育に関する実質的な制度がなく、客観的な評価方法の確率が望まれる。
 そこで、日本移植コーディネーター協議会は、教育・認定制度を制定し、移植コーディ ネーターの自己研鑽に努めることを組織的に援助するものである。

2. 制度の参加者から認定証発行までの流れ

JATCO入会部門の決定
  ・(D-1部門)ドナーコーディネーター(ネットワークコーディネーター、都道府県コーディネーター、委嘱状 を有するコーディネーター、D-1部門を希望する者)
   さらに、臓器移植コーディネーターと組織移植コーディネーターの区分を行う
   ・(D-2部門)D-1部門以外のドナーコーディネーター部門
   ・R部門 レシピエントコーディネーター

研修要項
   日本移植コーディネーター協議会より配布
   研修受講によるポイントの修得
   研修を受講し、所定の項目を満たした申告書を送付(JATCO研究会は不要)

(1)学術分野
   ・会場研修(JATCO研究会・学会・研究会・地方会・講習会・シンポジウム・勉強会等)
   ・自己研修(推薦図書・文献等のレポート提出)
   ・図書出版(執筆者・編者等)
   ・誌上発表(JATCOニュース・学会誌・学術誌・商業誌・一般誌等)


(2)実務分野
   ・臨床研修(インフォームドコンセント・臓器提供・臓器移植の調整)
   ・医療スタッフに対する啓発活動


(3)その他
   ・JATCO総会出席
   ・ボランティア

ポイントの修得
   ポイントの修得は自己申告とする。控えは各自保存。
   研修委員会が会員の修得ポイントを管理。
    研修内容が要項規定と照らしして修得項目として不明確な場合は、研修委員会申告のあった研修内容の適否を判断する。
   1年毎でJATCO会員へ修得ポイントを通知し、会員各位が確認する。中間発表としてJATCONews誌上 で上位を発表する。

認定証の発行
   2年毎で集計し、一定のポイント数(入会部門によって異なる)以上のD-1部門とR部門の会員には認定証と バッジを発行し、D-2部門の会員には研修
   修了証とバッジを発行する。また、JATCONews誌上で上位を発表し、JATCO研究会で発表する。



3. 認定証、研修終了証の発行

D-1部門
認定証を発行する修得ポイント数は、2年間で学術40点、臨床研修40点、啓発活動40点をそれぞれ修得した上で合計150点とする。
臓器移植コーディネーターと組織移植コーディネーターの区分を行う。
D-2部門
研修終了証を発行する修得ポイント数は2年間で合計50点。
R部門
認定証を発行する修得ポイント数は2年間で学術40点、臨床研修80点をそれぞれ修得した上で合計150点と する。

詳しくは、愛知県名古屋市中村区則武 1-10-6 側島ノリタケビル308号
     TEL:052-453-1409  FAX:052-453-1408
     (社)日本臓器移植ネットワーク中日本支部
     日本移植コーディネーター協議会事務局  加藤 治

日本移植コーディネーター協議会